意外?カタカナでも作れる印鑑

カタカナでも印鑑って作れるの?

普通,印鑑に使われる文字は漢字ですね。でも,中にはカタカナの印鑑が必要な人もいます。例えば,海外から来て日本で生活している外国人の方です。サインで代用できる場面も増えてきたようですが,まだまだ日本では印鑑が必要なことが多いですよね。あるいは外国の方と結婚されて,名字がカタカナになっている方もおられることでしょう。そんな場合に,カタカナで印鑑を作ることってできるんでしょうか。技術的には何の問題もないようです。実際,インターネット上でも多くの業者がカタカナの印鑑を作成するサービスを提供しています。カタカナだけではなく,ひらがなやアルファベットでも作れるみたいですよ。

実印登録できるの?

日本人の場合は,戸籍や住民登録に表記されているとおりの名前の印鑑が原則のようです。ですから,もともとカタカナの名前でない限り,基本的には漢字の名前であれば漢字,ひらがなの名前であればひらがなということになります。漢字やひらがなの名前の人が,カタカナで作った印鑑で実印登録できるかどうかは,自治体によって対応が異なるようです。気になる方はお住いの自治体に問い合わせてみてください。外国の方の場合は,外国人登録の時にアルファベット表記に加えてカタカナ名を併記していたかどうかがポイントになります。カタカナ名も併記していたら,カタカナの印鑑で印鑑登録が可能です。そうでない場合はアルファベットの印鑑を作って登録することになるようです。
印鑑作成サイト徹底リサーチ|印鑑が安い!コスパ比較ランキング!はこちら

プロミスから電話がかかってくるケースとは

キャッシングを利用する際には、申込先であるキャッシング会社から電話がかかってくる場合があります。これはプロミスの場合も同様ですが、プロミスから電話がかかってくるのはどのような場合なのでしょうか。

プロミスから電話がくるケースとしてまず挙げられるのは、申込時の在籍確認です。これはプロミスに限らず、個人に対して貸付けを行っている業者であればどこでも必ず実施しているもので、申込者が申告した勤務先に電話をつなぐことによって、その勤務先が存在することと、勤務先に従業員がいて勤務の実態があることを確認します。プロミスの場合は申込者本人からの電話の応対があるか、申込者の同僚から申込者の在籍の有無について回答があるまで在籍確認が続きます。

契約後は、期日を守って借入金の返済を続けるなど、契約内容にしたがって利用を続けていればプロミスから電話がくることはまずありません。しかし、返済日を過ぎても一向に返済金の入金が無いと、プロミスから返済が遅れていることを伝える電話がかかってきます。電話に応じて、返済金を入金すれば電話がくることはなくなりますが、入金が無いとその後も何度も電話がかかってきます。延滞が長引くと電話による催促加えて、書面による催促も行われるようになり、応じないまま放置を続けると期限の利益が喪失されたとして貸付金の一括返済を求めてきたり、最悪の場合には裁判所が介入してきて財産の差し押さえが実施されることもあります。もし、返済期日までに返済金を確保することが困難な場合なのであれば、すみやかにプロミスに相談しましょう。相談の内容と態度次第では、返済を少しだけ待ってくれることがあります。
http://pms-zougaku.info/

家を売る時の営業マンとの付き合い方

家売る行為は自分だけで行うというものではなく、仲介してくれる不動産屋、特に、担当してくれる営業マンの存在なしには成立しません。その際に、付き合い方はどうしていくかが大事になります。もちろん、相手も仕事であるため、べったりくっつくような関係性もおかしなものですが、仕事の関係を殊更強調するのも相手にとってみればあまり気分のいい話ではありません。家を売る際に、担当者との付き合い方をどうするか、この辺りが重要です。

距離感としては、お互いのプライベートに踏み込むということをしない程度に付き合っていくということが大事です。家を売るということはプライベートに足を踏み入れがちですが、なぜ家を売るのかを営業マンから聞いてくる場合にはあまり信用しないほうがいいことが多く、担当を変えてもらう、別の業者にするなどの対応が必要です。結局のところ、こうした事実は噂となって広まることになり、あらぬ噂に苦しめられることになります。だからこそ、プライベートを聞き出そうとする営業マンは信用しない方が身のためです。中には、話のネタとしてあえて切り出す人もいて、悪意がない場合がほとんどですが、大事なことはそれにどう感じるかであるため、不快に感じれば策を講じることが大事です。

自分たちのために頑張ってくれる営業マンにするには、ねぎらいの言葉をかけるということでも十分伝わり、ご飯をおごるなどのことをしなくても問題ないのです。

ソニーの学資保険の加入年齢

大手生命保険会社の一つであるソニー生命保険では2016年現在、保険については利差配当がつかない通常の貯蓄型保険のみを取り扱っています。学資保険を選ぶ上でチェックしておきたい項目に加入年齢が挙げられますが、ソニーの学資保険の場合は、保険期間、契約タイプ、保険料の払込期間の3つの要素によって加入できる年齢の範囲が決まります。

ソニー生命保険の学資保険は、どんなプランを選択した場合であっても子供が生まれる140日前から加入することができますが、加入年齢の上限については選択するプランによって異なります。例えば、保険金を中学、高校、大学への進学の度に受け取ることができるタイプを選択した場合、満期を18歳に設定し、保険料を子供が10歳になるときまで払い込むようにしたい場合、加入できる年齢の上限は3歳までですが、保険料を満期になるまで払い込むようにすると、満期をいかなる年齢に設定しても加入できる年齢の上限は1歳までとなります。最も加入できる年齢の上限が高いのは、大学進学以降に満期保険金を受け取れるタイプを選択し、満期を22歳、保険料の払込期間を子供が15歳になるまでの間とした場合で、加入年齢の上限は8歳となっています。

貯蓄型の学資保険は高い返戻率が特徴ですが、加入時期を誤ると、毎月高い保険料を支払っていかなければならない可能性があります。ソニー生命保険の学資保険に加入する場合でも、商品内容全体を理解した上でプランを選択するようにしましょう。

全身脱毛が早いと評判のクリニックの特徴

全身脱毛をすることは、今の時代では珍しいことではなく多くの人が一度くらいは脱毛に興味を持ったことがあるのではないでしょうか。実際に脱毛する際に気になること言えば、脱毛に必要となる料金や期間、そして安全性です。料金は比較しやすいですが、全身脱毛となると脱毛完了までに必要となる期間の個人差も大きくなります。人それぞれ異なるというだけではなく、どこで全身脱毛を行うのかによっても必要となる期間には違いがあります。少しでも早い結果を求めるのは当然のことと言えるのではないでしょうか。

全身脱毛が早いと評判の高いクリニックの特徴として、まず第一に上げられるのが脱毛するための予約が取りやすいかという点です。どんなに良い脱毛先で、方法も良くても脱毛の予約がなかなか取れないと、イメージ通りに脱毛を進めていくことはできません。予約の取りやすさを判断するための方法として、まずはカウンセリングの予約の取りやすさを確認しておくようにしましょう。カウンセリングもなかなか予約が取れないとなれば、施術の予約はますます取りにくいと考えておいて間違いはありません。

それだけではなく、電話対応がスムーズで迅速化という点も大切になってきます。全身脱毛の場合は、部分脱毛よりも肌荒れなどトラブルのリスクも高まります。その際に、迅速な対応をしてもらえないと脱毛することが出来ず、さらに脱毛完了までの期間は延びていってしまうことになります。